第6回 三浦半島縦断トレイルラン大会

2016年2月27日(土)

神奈川県横浜市の「NPO野外活動事業団」が主催する、地元の三浦半島を縦断するトレイルランニングの大会です。2016年2月開催の第6回大会は、三浦市の三浦海岸をスタートして三浦富士(183.1m)・武山(200m)・大楠山(三浦半島最高峰241.3m)・鷹取山(139m)・朝比奈・横浜の市民の森を抜け、横浜市の港南台にゴールする約44Km(制限時間9時間)のトレイルランの大会です。

1か月前にホームページで詳細なコース図が発表されますが、途中に脇道も多く、コースの目印やコース員は必要最低限しか配置されていませんので、地図を持参していても地元以外からの参加者はコースを間違いなくたどるのが結構難しいようで、途中で何人も道迷いを救出しました。

手助けは開催者の意志に反するかもしれませんが、最後尾近辺を走るLast Ahtlete達にとって、人との触れ合いも大会での楽しみなのでお許し願います。この辺はロードの大会以上な気がします。まだ、トレランの大会への参加は少ないですが、ロードで知らない人と話をしたことはありませんでしたが、トレランの大会では、エイドの人たちとはもちろん、走りながらでも初めて会った人達と話しができます。ロードの数千~数万人参加の大会に比べ、トレランは数百人単位の参加人数なので落ち着きます。この大会も成績表をみると400名程の参加人数です。

Top選手が4時間弱のコースでゴール制限時間9時間(スタートは50人づつのウェーブスタートですので、ほぼネット制限です)は結構楽な感じですが、第3CP・第6CP・第9CP・第11CPと途中4か所に制限時間が設けられており、中でも第6CPの4時間制限がLast Ahtlete達にとって厳しいです。

50人ほどが途中失格になっていますが、ほとんどがこの第6CPでの制限時間オーバーです。第6CPまでの距離はおよそ20Kmなのでほぼ中間です。第4CPまでは問題ないでしょうが、第4CP~第5CPの三浦半島最高峰の大楠山頂上への登攀区間とそこからの舗装された急坂が思った以上に時間が掛ります。

今回の私は第6CPを3時間45分掛かっていますが、途中の大楠山頂上で、結構多くの人が食事をしており、それも途中休憩というより本格的に昼食タイムのようなゼッケンをつけた人たちがおり驚きました。

第6CPを制限時間内に通過できれば、後の24Km5時間は下りで多少小走りできれば完走は可能です。私は目標7時間に対して、8時間ちょっと掛かってしまいましたが、後半ご一緒して頂いた方のお力により無事完走できました。

優勝タイムは、男子3時間59分54秒、女子4時間41分22秒でした。ちなみに女子優勝は、私と同年代でありながら昨年のハセツネでも5位入賞と活躍されている松井一葉さんでした。すごい!

IMG_3456 IMG_3455 IMG_3329IMG_3219-2

・NPO野外活動事業団 http://www.npo-outdoor.com/index.html

カテゴリー: 全て(all), 大会(race / meeting), 脚行日記(Blog of road & trail running) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です